« 2周年 | トップページ | 富三郎、体の一部になってきた? »

2011年7月30日 (土)

ハーモニカ♪のマイク②

ハーモニカで使うマイク、前回は持ちやすさ、演奏しやすさを中心にご紹介しました。これらも演奏のためには大切なのですが、マイクによる音の違いも気になるところです。
というわけで、論より証拠。試しに師匠に録音してもらい、まとめてみました(師匠、録音に付き合ってくださりありがとうございます)。ところどころ音を間違っているのはご愛嬌。音の傷(ミストーン)には目をつぶっていただき、聴き比べてみてください。
マイクは3種類(すりやが選んだクリップつきマイクのほかに、よく使われているマイク2種)を使って3回録音しています。また、録音した後に響いているように聞こえる加工(リバーブ)を施したものに加えて、加工していない状態の音も後半に付けています。いわば、お化粧したお出かけバージョンと、普段は聴くことが少ないすっぴん状態のような違いがあります。3種類の録音(マイク)に加工有り無しで、計6種類の音がでてきます。みなさん、どの音がお好みでしょうか?
すりやは、クリップつきマイク(ATM35)の音も気に入りましたので、演奏しやすさもふくめ、当面はこのマイクを使っていこうと思います。
マイクのコンディションも整ったので、腕を磨くことに集中できそうです。



動画内容
1.加工(リバーブ)あり*
  1.1 SM58
  1.2 SM57
  1.3 ATM35
---
2.加工なし
  2.1 SM58
  2.2 SM57
  2.3 ATM35

*リバーブの設定は全て同じです。
SM58、SM57は、マイクスタンドを使っています。

|

« 2周年 | トップページ | 富三郎、体の一部になってきた? »

YouTube」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーモニカ♪のマイク②:

« 2周年 | トップページ | 富三郎、体の一部になってきた? »