« 自分がいた証 | トップページ | 航空祭に行きました »

2011年12月27日 (火)

一寸先は...わからない

「一寸先は闇」ということわざがありますが、「闇」というよりは「わからない」という感じかな、と思います。
「闇」というと悪いイメージがありますが、とても良いことが起こることもあるわけで、ちょっと先のことは予測できないものだ、と思います。
自分も、数年前には、左手で字を書いているなど考えもしていませんでしたが、いまや、それが自分にとっての普通です。
それが良いとか悪いとかいう話ではなくて、慣れたというか、日常化したな、と。「上手に書けない」「ノロい」「たくさん書けない」とか感じてイライラしたこともありましたが、いつの頃からか「こんな程度だ」という感じで、何も思わなくなったようです。「右手だったら、もっと...」なんて思っていた時期もあったな、とコレ(ブログ)を書いていて思い出すくらいに忘れていました。

「慣れるってこんな感じなのかしら?」
メモをとっているときに、ふとそんなことを感じました。

|

« 自分がいた証 | トップページ | 航空祭に行きました »

考え事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一寸先は...わからない:

« 自分がいた証 | トップページ | 航空祭に行きました »