« CD安いけど...大丈夫? | トップページ | 義手で印象付けるのもアリ? »

2012年3月16日 (金)

ホルン♪休符を数える

オーケストラの練習で、新しい曲に取り組みはじめました。
ホルンの楽譜には長~い休みがちょくちょくあります。休みの間は次の出番が来るまでただ待っていればいいのですが、することはなくても音楽がどこまで進んでいるか、楽譜の中の自分の居所をちゃんと分かっていないと迷子になって次の出番がわからなくなります。曲に馴れれば、周りの様子でどのあたりか分かるようになりますが、はじめのうちは、周りの様子も覚えていませんから、迷子にならないためには、何小節休みが過ぎたかしっかり数えなくてはいけません。
(余裕ができてくると、ただ待っているだけではない、上質な休み方ができるようになります)
もともと、数えることが苦手で、40以上は途中で数字がグチャグチャになってしまって上手く数えられないことがしばしば。だから、片方の手で1~10を繰り返し、もう一方の手で10、20...と10の位を数えるようにしていました。
怪我したあとも、初めて参加した年(2年前)には、休みの小節の数を右手で指折り数えていたんですよ。幻肢(げんし:意識のなかに感覚だけ残っている右手)が動かせたんですね。今、幻肢はありますが自分の意志では動かなくなっています。なので、休みを数えるの、困ってます。しょうがないので、1~10は口で数えて(声は出せないので口パク)、10の位を左手で数えています。
iTunes Storeで買った音楽をよく聴いて、曲を覚えないと。

101107_105916
ところどころにある太線が休符。線の上に書いてある数字の小節分だけお休みを数えます。この楽譜では長いところで33小節。これから取り組む曲には70小節(!)の休みがあります。

|

« CD安いけど...大丈夫? | トップページ | 義手で印象付けるのもアリ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのホルン記事ですね♫

はじめて気付いたのですが、ホルンって長い休みがあるのですね。

縁の下の力持ち的な役割でしょうか?

奥が深そうですね(^-^)

投稿: 北方真起 | 2012年3月18日 (日) 00時02分

はい、細々と続けています(*^-^)
曲にもよりますが、オーケストラの比較的大人数の曲は長休みが多目ですかね。縁の下の力持ち、というよりは脇役?
数えるのは大変ですが、毎日練習しなくなった今では、それくらい休みがないと完走できません(^-^;

投稿: すりや | 2012年3月20日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホルン♪休符を数える:

« CD安いけど...大丈夫? | トップページ | 義手で印象付けるのもアリ? »