« お見舞いで思ったこと | トップページ | 義手、スイッチ »

2013年5月 6日 (月)

テレビを観て感動した

連休中、家族がおばあちゃんの所へ遊びに行って、ひとりでのんびり過ごす日があったので、溜まったテレビ録画をなんとかしようと、いくつか観ました。

1.八日目の蝉
2.ママからのメッセージ ゆりちかへ

泣きました。
両方とも、二歳くらいの小さい女の子がでてきます。たまたま、我が家の末っ子は二歳の女の子。
子ども達にはできるだけのことをしてあげたい、と強く思いました。
これまで、すりやは自分中心で、
「自分が幸せでいるために、周りの人たちも幸せであってほしい」
と思っていました。でも、このたび、
「“自分のことは置いといても”、子ども達には幸せでいてほしい」
と思いました。ようやく、。人並みの感覚になったかな?

番組が終わったあと、子ども達と話したくなって、電話しました。
「いま、晩ごはん食べてるから、あとでね」
「…」
そして、そのまま電話はなく…

「八日目の蝉」には香川県の小豆島がでてきます。見たことある景色が懐かしく、徳島に住んでいる学校時代の友達に電話してみました(大分遠いですが、同じ四国地方ということで)。こちらは全く用もないのに、連絡したことにとても喜んでくれて、嬉しかったです。

ともに原作があるので、読んでみようと思います。

|

« お見舞いで思ったこと | トップページ | 義手、スイッチ »

日常から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544121/57327313

この記事へのトラックバック一覧です: テレビを観て感動した:

« お見舞いで思ったこと | トップページ | 義手、スイッチ »