« 夏の思い出 | トップページ | お正月に姪っ子と義手の話 »

2013年9月11日 (水)

落し物

先週、晴れた日に職場に置いておくための傘を持って家を出ました。いつもより少し早く駅に着いて、一本早い電車に乗れると余裕で電車を待っていました。傘は、歩くときは左手で持つのですが、そろそろ電車が入ってくるというときに、地面に置いていた鞄を持つために右手のフックに傘の柄を引っ掛けて、左手に鞄、右フックに傘を引っ掛けた状態で電車に乗ろうとしました。その瞬間、傘が電車の床にちょっと当たり、その弾みで傘の柄が引っ掛けていたフックから離れ、電車とホームの間にゆっくりと落ちていきました。
左手は鞄を持っているから追いかけられないし、右手(義手)は追いかけているけれど捕まえることができませんでした。
130909_190656
この隙間に落としてしまいました。こんなに狭いのに、どうして入っていったのかしら?まったく...


仕方なく、その電車は見送って、空になったホームから線路を見下ろすと傘が落ちています。10年前なら、ちょっと飛び降りて拾っていたでしょう。それくらいすぐ拾えそうな感じなのです。でも、今の時代は、誰かが線路に立ち入ると、すぐダイヤが乱れるくらいに電車は安全に気を使って運行されていますから、そんなことはできません。朝の通勤時間帯で電車の間隔も狭い(5分くらいかな)ので、確かに危険です。
結局、駅員さんに「傘を落としてしまいました」と伝え、夜までに拾っておいてくれるようお願いしました。そうしたら、駅員さん、朝の一番忙しいときなのに、すぐに対応してくださったのです。二人がかり(拾う係と列車の接近がないか付近に注意を払う係)で、蛍光板がついたベストにヘルメット姿で、専用のマジックハンドを持ってホームまで行ってくださり、すりやの傘を拾ってくださいました。早速ご対応いただいたのと、そのいでたちに、とても申し訳ない気持ちになりました。電車の乗り降りの際には、しっかりと荷物を持って(フックで挟んで)落とさないように気をつけようと誓いました。

130910_122132
まさにこの看板のとおりの道具で拾ってくださいました。看板に書かれたとおりに駅員さんに申し出たすりやですが、大の大人が、恥ずかしかったです...

|

« 夏の思い出 | トップページ | お正月に姪っ子と義手の話 »

日常から」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

最近、なかなかお会いできませんね(>_<)

ホ-ムでは、大変な思いをされましたね・・・

また、年末にでもお会い出来たら良いですね(^_^)/

ちなみに登山は伊吹山ですか?

投稿: やっちゃん | 2013年9月20日 (金) 10時00分

やっちゃん

お久しぶりです。
えぇ、ホント、大変“はずかしい”思いをしました。

ちなみに登った山はご名答でございます。
また、来年も登ることでしょう。

また、よろしくお願いいたします。

投稿: すりや | 2013年9月24日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544121/58168832

この記事へのトラックバック一覧です: 落し物:

« 夏の思い出 | トップページ | お正月に姪っ子と義手の話 »