« お正月に姪っ子と義手の話 | トップページ | すりやの常識、世間の非常識? »

2014年1月 7日 (火)

(番宣)プロフェッショナル-仕事の流儀-

NHKの番組で、義肢装具士さんが取り上げられています。
義肢装具士とは、すりやが使っている義手を作ってくださる方々です。
私たち義肢使用者のことを深く深く考えながら、義肢を創り出される様子が紹介されます。

番組の案内はこちらを→→→

1月9日(木)の深夜に再放送があります。

番組は義肢装具士さんのお話なので、主人公は義肢装具士さんですが、義手使用者のすりやは、つい使用者さんのほうが気になります。
印象的だったのは番組の最後で、義手を手にした方が「これは使える!」と感じる瞬間の表情です。言葉で表せないですが、すばらしい瞬間です。多分、私も似たような瞬間を体験しているのではないかな、と思います。
同時に、すりやは、今の義手に対する改善の要望を十分にぶつけられていないな、と思いました。
すりやも、義肢装具士さん(や作業療法士さん、お医者さん)に義手を少しずつ自分好みに改良してもらっています。そんな中で、「もっとこうなったらいいのに」と思うことがあっても、少し無理して使いこなそうとしたり、「完璧はありえない」と勝手に諦めて、「満足!」というところまで追い込んでいないな、「これ以上はできません」と言われたわけでもないのに妥協してしまっているな、と感じました。一方、番組に出ていらっしゃった方は、イメージどおりでないものは「違う」「使いにくい」とちゃんと伝えておられました。
当たり前かもしれないけれど、なかなかできないこと。でも、自分が本当に欲しいものを手に入れるためには、絶対に必要なことです。

すりやも、これからは勝手に妥協せず、希望と感想を伝えて、より使いやすい義手に育てていこうと思います。

|

« お正月に姪っ子と義手の話 | トップページ | すりやの常識、世間の非常識? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544121/58904615

この記事へのトラックバック一覧です: (番宣)プロフェッショナル-仕事の流儀-:

« お正月に姪っ子と義手の話 | トップページ | すりやの常識、世間の非常識? »